天和と平和

別名「天鳳と平和」。鳳凰卓チャオ降段間近な元鳳南民の打ち筋を書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最も不必要な役。

麻雀には多種多様な役があります。
当然複数の役があれば、役の成立条件や翻数によって使える役、使いにくい役が出てきます。
タンヤオやホンイツは使える役の代名詞、逆にサンカンツやホンロウトウなどは使いにくい役ですね。

さて、色々な役について考察してみたところ、明らかに浮いている役があることに気がつきました。
その役は、役として認めるには、余りにも恐ろしい制約の数々があります。
そして、最も恐ろしいのは、世の中の雀士はその恐ろしさに気づいていない点にあります!

せっかくなので、思いつく限りまとめてみました。
これを機会に、この役の恐ろしさを少しでも多くの人に伝えられたら、と思っています。

・上がる為に失点が必要な唯一の役である。この失点のせいで順位が下がることもある。

・上級者ほど、この役を避けて上がる傾向がある。逆に初心者の中にはこの役しか上がらない者もいる。

・この役で上がろうとすると、大抵の場合上がる確率が低下する。他の人に警戒を招く。

・点数を支払うことが確定した後、その点数が増加する不幸に見舞われたなら、必ずこの役が絡んでいる。

・その役で上がる為には、本来自分だけの情報である自分の手の進行を他の人に教えなければならない。

・この役に限り、見逃しが禁止されている。

・全員がこの役を目指すだけで、しばしば続行不可能(途中流局)になる。

・この役で上がる為には、捨てる牌を選ぶ自由を捨てなければならない。すなわち、上がるまで、牌を持ってきて切るだけしかできなくなる。

・元々(中国)麻雀の役にはなく、後ほど追加された役である。その為、ゲームバランスが変化した。

・この役のせいで、カン、特にダイミンカンと呼ばれる行為の価値が著しく減少した。

・この役を利用する特殊な打ち回し(手なり)が存在する。この方法は、字牌やドラといった牌を奪われ、他の人を危険に陥れる為、しばしば批判される。

・持ち点が少ないと、この役がつけられないことがある。得点が必要な状況ほど、役がつかない。

・殆どの役と複合できる。また、この役が上がれる時、必ずメンゼンツモの権利がある。つまり、他の役で代用可能である。

・この役に付随する役(一発)がある。通常、条件が重複する役はどちらか片方の得点しか加算されない(例:チャンタとジュンチャン)のにも関わらず、この役は何故か両方の得点が加算される。

・これだけの制約があるのに、わずか1翻(役の中で最小の点数)しか持たない。



スポンサーサイト

コメント

その役は僕にとってはクイタン、役牌の次に重要な役です(笑)

  • 2009/10/10(土) 10:45:28 |
  • URL |
  • まやと #-
  • [ 編集 ]

>わずか1翻
(。・∀・)宝くじを買うようなもんですねw

私はこの役の虜なんですがね・・・(;゚ロ゚)ハッやっぱり宝くじみたいなもんだったのか!

  • 2009/10/10(土) 12:19:24 |
  • URL |
  • しらゆき #-
  • [ 編集 ]

>まやとさん
そうですね、僕は一番好きまであります(*´ω`*)

>しらゆきさん
テンパイした瞬間に光る演出は、この役だけですね!
光ったら狙っちゃう自分も虜ですw

  • 2009/10/12(月) 01:19:56 |
  • URL |
  • ぷち先輩 #-
  • [ 編集 ]

これはホンマその通りですな~(≧∇≦)

  • 2009/10/29(木) 20:25:21 |
  • URL |
  • bakase #-
  • [ 編集 ]

>bakaseさん
さすが福地先生は分かってますね(*´ω`*)
麻雀にリーチも三色もない(キリッ

  • 2009/10/31(土) 16:16:21 |
  • URL |
  • ぷち先輩 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://petitmajan.blog122.fc2.com/tb.php/73-6cbc3469
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。