天和と平和

別名「天鳳と平和」。鳳凰卓チャオ降段間近な元鳳南民の打ち筋を書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャープに決めるゼ。

日記でちょくちょく書いていましたが、最近はらいつべやニコ生の視聴にハマっているのです。
深夜、いつも通りに一方通行さんのニコ生へ。
見ると牌譜検討をやっていたので、チャオ戦の牌譜でも見てもらおうかな?と思ったが、量が多すぎて断られる。
「また後日にするか」と思いながら視聴を続けていると、どうも見覚えのある牌姿が。

六萬七萬七萬八萬九萬三筒九筒九筒六索八索九索九索九索  ツモ四筒

何切る?
まあ刹那の赤5sの引きを見て8s打ちかなー…??

…ん?…よく思い出せ。
確かこの後親リーが入って…って入った!?

デジャビュ!?なにそれこわい

どう見ても俺の牌譜です。本当にありがとうございました。(牌譜が見たい方は昨日の日記へどうぞ)

いやー、ガチで焦りました。
例えて言うなら、ニュースを見てたら何故か自分が番組に出演してた、ぐらいの驚きです。
突然押し掛けたにも関わらず、温かく迎えてくれた一方通行さん、ありがとうございました。


さて、一方通行さんの許可も出たので、以前の牌譜検討で議論になっていた場面を紹介します。

mj09052101.jpg

クリックすれば切れている部分も見れます。
東3局、南赤喰、ほぼ平場、という条件だけで十分でしょう。

さて、此処から何を切りますか?


「こんなん北で決まりだお!」って思っていたところ、一方通行さんは6s切りを主張。
北切りは単なる手なりなので、6s切りについての解説。

一方通行さん曰く「北はチャンタやホンイツを絡めて打点アップする優秀な塔子」。
言われたときは疑問でしたが、実際に北を引いた牌姿を考えると、

三萬三萬七萬八萬二筒三筒七筒一索南南北中中  ツモ北

これなら余裕でホンイツ役役の満貫が見えますね。
あるいは此処まで行かなくても、

三萬三萬七萬八萬二筒三筒七筒一索南南北中中  ツモ東

や、

三萬三萬七萬八萬二筒三筒七筒一索南南北中中  ツモ五萬

こんなのでもホンイツへの天秤がかけられます。

ただ一方、6sを切ると6s周りの受け入れが消滅してしまいます。
勿論この形なら、8sなんかは全然痛くないのですが、致命的なのが赤5s
これ河に並べたらサムいですよね。


さて、此処で改めて考え直してみましょう。
此処から何を切るか、といえば候補はほぼ4択だと思います。

(1) 北
手なり。中を仕掛けてのキック手か、相当神ヅモすれば中を落としての門前手。

(2) 六索
上で解説した通り。ホンイツやチャンタを狙った高打点を期待できる。

(3) 一索
さすがにこの形でドラの受け入れを失うのは痛いか。確かに早いが、さすがに軽過ぎる?

(4) 七筒
新たな可能性が、これ。

6sと7pの比較ですが、チャンタ考慮で7pの方が利用価値が高いように見えます。
でも、式見蛍さんも言っていましたが、この手はほとんどチャンタにはなりません。

そもそも、チャンタの最も強い価値は、一翻縛りの解消です。
翻数による打点の追加、というのは、三色と同じように「チャンタになったらラッキー」くらいで、受け入れを減らしてまで積極的に狙うものではない、というのが自分の考えです。

そしてこの手、一翻の種を何処に求めるか、と考えれば真っ先に目に付くのは翻牌です。
この手、9mはともかく1pから仕掛けはしませんよね?(もしかして仕掛ける人もいる?)
つまり、チャンタを狙うとしたら9mや1pが急所ですが、それよりこの手の和了りを決める鍵は中だということです。
その上、78mと23p、2つの両面のせいで(個人的にはおかげで、と言いたいところですが)此処だけ見てもチャンタになる確率は1/4です。
和了る為に必須でなく、その上狙っても成功率が高くない。
それなら、重要視する必要はないのではないでしょうか?

そしてもう1つ、北を残す方向性とのメリットの食い合いもあります。
上で説明した通り、北を残したことで高打点が期待できるようになりますが、そうしたとき移行するのはチャンタでなくホンイツです。
それなら、7pだろうが6sだろうが切ることになるので、その分チャンタの価値は下がります。(チャンタを狙うべき状況は、更にホンイツを狙うべき状況になっている為)

では、低確率ながらチャンタを捨てて7pを切るメリットは何かといえば、赤5sの受け入れに他なりません。
また、6sはドラ受け受けになっている為、結果的にドラを使いやすくなるメリットもあります。

三萬三萬七萬八萬二筒三筒七筒一索南南北中中  ツモ四索

三萬三萬七萬八萬二筒三筒一索六索南南北中中  ツモ四索

明らかに下の方がいいですよね。
「7p周りを引いたときは7p残しの方が優秀だから相殺している」と思われるかもしれませんが、7p周りにはドラのように引くと即座に点数が上がる牌が存在しません。(789p完成してもチャンタは遠いですから)
そして、赤5sに対応する赤5pですが、これは、23pのおかげで受け入れることができます。

三萬三萬七萬八萬二筒三筒一索六索南南北中中  ツモ五筒赤

こう考えると、7p切りの方がいい気もしてきましたが、どうでしょうか?
ホント説明が分かりにくいですが、ごめんなさい(´・ω・`)
これまでの説明で何が言いたいかと言うと、

「手なりで北打たない一方通行さんは鉄板強者」

ってことです!
一方通行さんは字牌の扱いが遥かに丁寧なので、勉強になりますよ!!

スポンサーサイト

コメント

とりあえず持ち上げておいていつか落とすんですね、わかります

  • 2009/05/25(月) 21:22:17 |
  • URL |
  • 一通 #-
  • [ 編集 ]

>一方通行さん
今のところその予定はありませんが、余りにも俺からRとPtを搾取し過ぎるとディスらせて頂くので気をつけて下さい!

  • 2009/05/25(月) 22:35:10 |
  • URL |
  • ぷち先輩 #-
  • [ 編集 ]

あまり考えずに7p切ります。言うとおり赤受けなんですけど。
この手はかなり七対子に行きたくなるのは自分だけでしょうか?

  • 2009/05/25(月) 23:01:56 |
  • URL |
  • 日曜日 #-
  • [ 編集 ]

>日曜日さん
手順の中に字牌温存が組み込まれてるのが凄いですね、見習いたいです。
七対子と天秤掛けつつ進行できそうですけど、個人的には面子手優勢かなと思います。
自分は七対子になる前に中仕掛けてそうですしw

  • 2009/05/25(月) 23:36:39 |
  • URL |
  • ぷち先輩 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://petitmajan.blog122.fc2.com/tb.php/25-ec1adee6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。