天和と平和

別名「天鳳と平和」。鳳凰卓チャオ降段間近な元鳳南民の打ち筋を書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勉強会。

このきーさん主催の勉強会に参加してきました。
鉄板強者の集まりで、観戦雑魚な自分は4位→3位とフルボッコでした。

そして、彼らの強さの由縁は、雀力に起因するものだけはないことが分かりました。

それは、煽り耐性

煽られ慣れている上に、煽りの手筋も習得済み、と恐ろしい相手でした…
詳しくは語りませんが、全特上民が泣いて謝りますね!


煽りはさておき、検討のある勉強会は非常に有意義でした。
自分より遥かに強い人の意見を聞けるのは、やはり勉強になります。
参加者の皆様、お疲れ様でした!

スポンサーサイト

聴牌トリガーの数学的理由。

「光ったらリーチ!」という人も多いと思いますが、何も考えていないようで案外悪くない戦術だったりするのです。リーチすると決めたら即リーチ、無駄なダマテンはしない方が得、というのは有名な(デジタル)セオリーです。

その理由は、聴牌からの和了巡目の分布にあります。

ロンを考えると話が面倒になるので、ツモでの和了のみ考えましょう。
数学的な理由により、聴牌してから最初のツモで和了る確率が最も高く、次に2番目のツモ、その次は3番目のツモ、と、ツモ数が増えるにつれて和了率は下がっていきます。

この説明は結構見るのですが、具体的に「数学的な理由」の説明を見たことがなかったので、今回はそれを簡単に説明してみようと思います。
「そんなん分かるよ!」って方は、こちらでお勉強しましょう!わざわざ記事立ち上げてまで答えて頂けるなんて、ありがとうございます!

【“聴牌トリガーの数学的理由。”の続きを読む】

和「そんなオカルトありえません」

「咲」がその他の麻雀漫画と比べて、麻雀や闘牌の質が低い、というのなら、こういうのはどうだろう。


 咲 ~もしのどっちが覚醒しなかったら~

【注意】4巻第30局の内容を扱います。未読の方はネタバレ注意!



【“和「そんなオカルトありえません」”の続きを読む】

「ドラ切りリーチに両面以外の傍テンなし」

さて、当麻雀戦術blogでは、麻雀戦術を取り扱っていきたいと思います。その取り扱いの方法として…
今は無き「今日のジャス家」さんでは、ジャスティシステムなる独自のシステムを披露していましたが、それをぱk…インスパイアさせて頂きたいと思います。何か自分のシステム集、っていいじゃん?
細かいことは、適時決めていきます。システムの内容とかは無かったことにされる可能性もあるので、そうなったら、察してやって下さい。


システム011「ドラ切りリーチに両面以外の傍テンなし」


mj09052701.jpg

はいミス。こんなん筋の3m落とせばいいです。(本人は筋だってことを認識していません)

で、この3mなんですが、98%(当社比)通る普通の筋よりかなり安全な牌です。

筋で当たるケースは、(1) 単騎 (2) シャンポン (3) カンチャン、ペンチャンです。


(1) 単騎

ドラ単騎を避けて、わざわざ3m待ちにする理由がない。
考えられる場合は、七対子のドラ暗刻持ちからのドラ切ってリーチだけど、こんな待ちで即リーする…?そんな牌を抱えていることも不自然。ただ、リャンペーコーならある。


(2) シャンポン

ドラが宣言牌でシャンポンになるような牌姿を考えてみると、

二萬三萬三萬七筒七筒

此処から2m切りはないでしょう。考えられるとしたら、三色同刻、ツモり四暗刻や役満絡みぐらいか。

二萬三萬三萬六筒七筒八筒白白發發發中中中


(3) カンチャン、ペンチャン

同様にドラが宣言牌で、ペンチャン待ち(カンチャン)になるような牌姿を考えてみると、

一萬二萬二萬七筒七筒

これなら、普通はドラを切らずに済み、ドラ受けにもなるシャンポンを選択するでしょう。


こんな感じで、この3mはかなり安全なんですが、じゃ残りの2%は何なんだ?というと、手役絡みのケースです。

一萬一萬二萬二萬二萬三萬三筒四筒五筒七筒八筒九筒五索五索

一萬二萬二萬四萬五萬赤六萬七萬八萬九萬五筒赤六筒七筒發發

二萬二萬二萬二萬四萬六萬七萬八萬二筒三筒四筒二索三索四索

一萬二萬二萬七萬八萬九萬一筒二筒三筒一索二索三索九索九索

ドラを切ると他に手役がつく場合は、そちらを優先されることもあるでしょう。
しかし、此処で考えなければならないのは、ドラ切り聴牌の時点で「ドラ+手役(ほぼ2翻以上)」で5200は確定している、ということです。
ダマにされるケースも相当増えるでしょうから、その分ドラ切りリーチに対しての傍テン率は下がります。

つまり、点数状況に偏りがあるとき以外は、ドラ切りリーチに関して筋が通っている傍テンはほぼ安全と考えられるのではないでしょうか。ただ、万が一刺さったら超高いので、ラグったら現実を受け入れる覚悟を決めましょう。


【追記】
例外として、ドラを切らない場合の聴牌形での和了り牌が異常に薄い場合、ドラを切っての傍テンも十分有り得る。
全く考慮してなかった、反省。

Q&A。

今日スーパーで、自分の前の普通のおばちゃんがバナナを7房買っていた。ゴリラでも飼ってるんすか?
後、ラブレジェンドの知識主導以外の幼女のイメチェンがハイパー可愛い件について。


さて、ここらでちょくちょく寄せられてた質問を返すコーナー!

Q1. 麻雀以外の日記は書かないんですか?

A1. 此処は麻雀blogですが、個人的には麻雀縛りのつもりはないです。でも、普通の日記書こうとすると、上みたいになるんですが、それでもいいですか?
麻雀以外の内容を書くタイミングとして一番可能性が高いのは、ポケモン金銀リメイク発売と共に「チコリータと旅するblog(仮称)」になること。あるいは、「裏白蛇にひたすら潜るblog(仮称)」もあり得る。

Q2. 毎日の牌姿が、微妙過ぎ or 難し過ぎて分からないんですが。

A2. 今までの記事は、実際打ってみて悩んだ所をピックアップしているので、どうしても微妙になってしまいます…申し訳ない。もっと頭を使わないで済む、軽い記事も書きます。後、これから戦術記事もちょくちょく書きたいと思うので、その記事なんかは叩き台としてできる限り平易な例を出したいと思います。
ちなみに、基礎的な牌効率なんかは(俺がミスした場合は取り上げるかもしれませんが)普段の日記ではあまり出てこないと思います。やっぱり状況判断がメインになるのも、微妙に感じてしまう一因かな。

Q3. コメントつけにくいです。

A3. 何切るに関しては俺も正解が分かってないんで、思ったこと何でも書いてくれていいですよ。根拠がない直感にも新しい観点に気づくことがあったりしますし、ピンと来たら気軽に書いたらいいじゃない。
何とかコメントつけたいけど、日記に関して特にコメントつけることない!なんて奇特な方がもしいたら、何でもいいんで適当に書きたいこと書いて下さい。此処はあなたの日記帳でもあるんです!

Q4. 麻雀の配信はしないんですか?

A4. 興味はあるので、目下検討中です。ただ、現段階ではっきりしている問題点として、うちのPCはステレオミキサーが使えません。やるなら何らかの対策を取らなきゃいけないんだけど…うーん。

Q5. 実は強かったの?

A5. 鉄板雑魚です。直近40戦の成績は、特上メインで

--------------------------
対戦数: 40
得点: -173
平均: -4.32
順位: 5-14-10-10-2.64
--------------------------

こんなんです。TOP取れNEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!!
※一戦欠けてるのは、一度サーバー落ちしたときのものだと思います。


最後に、ちょっと素敵な咲動画を紹介。



FC2Ad

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。