天和と平和

別名「天鳳と平和」。鳳凰卓チャオ降段間近な元鳳南民の打ち筋を書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンティホール解決編。

問題編はこちら

ネタバレになるのが嫌な人は、初めに上の日記を読むことをオススメします。

【“モンティホール解決編。”の続きを読む】
スポンサーサイト

モンティホール・ジレンマ鳳凰卓。

こちらこちらで最近よくモンティホール・ジレンマを見かけます。
え、麻雀界でモンティホール流行ってんの?

ということで、「モンティホールはわしが育てた」と主張してはばからない私が、麻雀向けにチューンナップしましたよ。
これが分かればモンティホール鳳凰民だ!


※この問題はフィクションです。実際の人物、団体、大会とは一切関係ありません。現実にはもっと品があるよ!
(もし問題があったら至急訂正するので、遠慮なく言って下さい)

【“モンティホール・ジレンマ鳳凰卓。”の続きを読む】

筋対子理論の数学的解釈。

宇宙が見れることで有名な、土田プロ。その戦術には色々カオスな物がありますが、その中でも最も有名な戦術といえば「筋対子理論」でしょう。土田プロの得意な役として、対子役があり(七対子や暗刻系)、そのベースとなる理論と言われています。(言っています?)

筋対子理論とは…

現在対子になっている筋牌が対子になりやすい、という理論です。

例えば、6sが対子ならば、3sや9sが対子になりやすい、という意味です。本当は、3つ目の筋牌は対子にはならない、という但し書きが存在するのですが、簡単の為除外します。
さて、デジタル雀士が聞いたら噴飯しそうな理論ですが、実はこれには数学的意味があるよ、というのが今回の日記です。

※今回の日記は机上の空論であり、ツッコミ所満載です。デジタル雀士は取り扱いに注意して下さい。勿論反論は歓迎します。

【“筋対子理論の数学的解釈。”の続きを読む】

聴牌トリガーの数学的理由。

「光ったらリーチ!」という人も多いと思いますが、何も考えていないようで案外悪くない戦術だったりするのです。リーチすると決めたら即リーチ、無駄なダマテンはしない方が得、というのは有名な(デジタル)セオリーです。

その理由は、聴牌からの和了巡目の分布にあります。

ロンを考えると話が面倒になるので、ツモでの和了のみ考えましょう。
数学的な理由により、聴牌してから最初のツモで和了る確率が最も高く、次に2番目のツモ、その次は3番目のツモ、と、ツモ数が増えるにつれて和了率は下がっていきます。

この説明は結構見るのですが、具体的に「数学的な理由」の説明を見たことがなかったので、今回はそれを簡単に説明してみようと思います。
「そんなん分かるよ!」って方は、こちらでお勉強しましょう!わざわざ記事立ち上げてまで答えて頂けるなんて、ありがとうございます!

【“聴牌トリガーの数学的理由。”の続きを読む】
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。